乾燥を取るか毛穴を取るかのスキンケア問題

標準

乾燥肌と敏感肌は洗顔のし過ぎが原因になる事が多いと言われていますし、皮膚科で勧められた15秒洗顔を試してみることにしました。

石けんや洗顔料を使ってこするのは15秒だけという、非常に簡単なルールなのですが、確かにこれで乾燥は若干和らぎました。

和らいだのは嬉しいのですが、半ば予想した通り、頬は毛穴が目立ち、鼻は黒いポツポツが出来て正にイチゴ状態になってしまいました。

やはり15秒だけだと毛穴汚れまでは落としきれないという事なんでしょうね。

そこで以前からちょっと興味のあった、オイルマッサージと重曹パックを試してみることにしました。

オイルの方は、ココナッツオイルのエクストラバージンオイルを使用、重曹は食用のものを用意しました。

まずは15秒洗顔のあといつも通りのスキンケアをして、顔の右半分にだけココナッツオイルを塗り込んでいきます。

こすり過ぎないように肌に触れるか触れないかくらいの力でクルクルクルと馴染ませて、十分に馴染んだところでティッシュを使って拭きとってみました。

ティッシュにメイク汚れと小さな角栓が付き、仕上がりはそこそこスッキリ、しかももっちりとした肌触りになりました。

重曹パックは小さじ一杯程度の重曹に水をたらし、毛穴のポツポツの目立つところにのせ、5分程放置してからすすぎ洗いをしてみました。

毛穴汚れが落ちたと実感できる程の効果はありませんでしたが、肌の表面がツルツルになりました。

弱アルカリ性の重曹でピーリングされたという事なんでしょうかね。

オイルマッサージをしたあとに重曹パックをしてみたら、予想以上に毛穴は目立たなくなりました。

重曹パックをしたことを皮膚科の先生に言ったら、研磨力が強くて肌に負担のかかる重曹を顔に使うなんてとんでもないと叱られてしまいましたけどね。